WITH HARAJUKU CONTEMPORARY DANCE FESTIVAL

query_builder 2021/12/05
Blog

WITH HARAJUKU CONTEMPORARY DANCE FESTIVALに 行ってきました~。

昨年新しくできたという会場は、イマイチかな?
客席の段差が低くて、見辛かったです~。
会場のタッパはあるので、せめて新宿のゼロホールくらい しっかり組んでくれないと、入場料に見合わないかなぁ。

印象に残った作品は、

土田貴好×小倉藍歌(NEphRiTE)さん。
4人のダンサーがしっかり動いて、小気味いい。
後半は「仮面を着けて」踊るんだけど、
俺的にはダンスで押し切って欲しかったかな。

三東瑠璃さんは、
プログラムに 「これは、新作の序章に過ぎない」
とあるように 本当に「序章」でした(笑)。
でも、世界観は伝わったかな?

髙瑞貴さん。
息もつかせぬ動きの連続。
10分の作品は40分のソロの抜粋らしいけど、
本作品を踊りきるのを観てみたい。
無音で身体と向き合った潔さに脱帽。

坂田守&長谷川まいこ先生の
Tarinof dance company。
カンパニーの本公演で発表した作品の縮小版。
若手もちゃんと要求に応えていて、
9人の群舞、一番しっかり創りこんでいた印象。
まじめで誠実な二人の性格が表れていました。

渡邉尚さんは軟体を生かし、
ジャグリングを取り入れた、
ダンスというよりもパフォーマンスかな。
お手玉(専門用語では何て?)を小道具に、
ユーモアの利いた新鮮な表現で楽しませてくれました。

Myung Hyun Choi×鉄田えみ、乗松薫さん。

鉄田さんと乗松さんは「太めパフォーマンス」
として活動しているそうですが、
「太め」ではありません。太かったです(笑)。

女性芸人のような冒頭の掴みのあと、
全身に落書きをした白ビキニで登場。
(あんたたち、できる?)

ただスローモーションで歩くだけで心に響き、
叫びながら床に身体を投げ出すと、
振動が客席の床まで伝わります(笑)。

でも当日パンフレットには、
死後に存在する身体の形、
消滅する精神と肉体、
死によって精神が空間と共存し、自然の一部に、
などという言葉が並びます。

ただのお笑いかと思いきや、
自分たちの身体を最大限に武器にした、
文字通り「生身の」心揺さぶられる作品でした。

スタッフさんが不慣れな感じだったのと、
ハイテンションなMCさんに違和感を感じたけど
(最初はそういう演出上のネタかと思いました)
「公演」ではなく「フェス」だったから、
これもアリ、なのかな。

初めてだから色々とあっただろうけど、
改良を重ねて、続けていって欲しいですね!

(2022.12.04 所見)

NEW

  • 平原慎太郎先生演出・振付、オペラ「浜辺のアインシュタイン」

    query_builder 2022/04/24
  • コンテンポラリーダンス・スタジオパフォーマンス 龍美帆・石神ちあき「界」 終演いたしました。

    query_builder 2022/04/14
  • コンテンポラリーダンス・スタジオパフォーマンス 龍美帆・石神ちあき「界」

    query_builder 2022/04/08
  • コンテンポラリーダンスを中心とした発表会・チラシ完成!(裏面)

    query_builder 2022/03/31
  • コンテンポラリーダンスを中心とした発表会・チラシ完成!(表面)

    query_builder 2022/03/27

CATEGORY

ARCHIVE